かくいうワタクシも、もうすぐ40歳(ひぇーっ)。

公的介護保険料を収める年令っ!となると、
さすがに他人事と思えなくなってきています。
                                        

現在、40歳以上の方は「公的介護保険料」として
毎月約5,000円が年金から天引きされたり、
公的医療保険の保険料に上乗せされていると思います。
              
この「公的介護保険制度」、
2015年の4月から
大きく改定されること、皆さんご存知ですか?


ポイント①                          
住んでいる市町村により介護サービスに差が出る・・?


                                       
公的介護保険の介護サービスを利用するためには
市町村から「要介護」「要支援」認定を受ける必要があります。
                                     
●「要介護」は常時介護が必要である方を状態によって
 5段階に区分し、介護サービスを給付します。

●「要支援」は常時介護が必要な状態ほどではないが、
 日常生活を営むのに支障があると判定された方を2段階に区分します。                                                          
 
「要支援1・2」と認定された方は、
介護予防サービスを利用することができます。

※介護予防サービスとは、要支援状態の改善や、
 重度化の防止を目的としたホームヘルプやデイサービス等の
 在宅サービス等を指します。
                                     

現在、この在宅サービスは公的介護保険制度の一部として
全国一律でプロの介護士によって提供されていますが、
2015年4月から3年かけて市町村事業に移行されます。

民間企業やNPO、ボランティアなどの専門職以外にも         
受け皿ができることで、多様なサービスが期待される一方、  
市町村によってサービスに差が生じる恐れもあります。             



ポイント②            
所得が一定以上の利用者の自己負担が2割に!
     

公的介護保険は、利用者に対して介護サービスという
「現物」を給付する方式です。           

現在の制度では、サービスにかかった費用が
支給額の 限度額以内の場合、利用者は費用の1割を負担します。       

これが、
2015年8月からは単身で280万円以上、        
夫婦で359万円以上の所得の人は自己負担額が2割となります。              

また、
10年後にはいわゆる「団塊の世代」が75歳になり、
公的介護保険の費用は現在の10兆円から21兆円に倍増する見込みです。             

これに伴い、
月々の保険料も約8,200円に跳ね上がる見通しです。        

                    
・・・もちろん、
誰しも介護状態にはなりたくありませんが、             
ご自身もしくは親が、深刻な介護レベルとなった時に備え、  
民間で加入できる介護保険で自己負担を少しでも補いたいと  
希望される方が増えてきたのも現実です。
          
時勢を考えると、当然なことなのかもしれないなぁ、
私もちゃんと考えなきゃなぁと思った今日この頃です。