(掲出写真出典:up.gc-img.net)

いやぁ。。。マンション家賃が175万円かぁ、、
というニュースでした。

確かに以前、東京に住んでいた頃、
たかだか駐車場代ですら卒倒モノでした。

二子玉川で駐車場を借りようとしたところ、
月額5万に即決でムリ。
勤務地赤坂では、月額8万に最速即決でムリ。

今は、西宮で月額1,8万、なんとも心が落ち着く額です。

さて、
俳優の反町さん・松嶋さん夫婦の飼い犬ドーベルマンが、
これまた有名人のアートディレクター佐藤可士和さんの妻を
噛んでしまいケガをさせてしまったことから
波及したニュースです。

(佐藤可士和さん、個人的に大好きです。
 今治タオルブランドを構築したり、の人です。)

何度も報道されていたので詳細は割愛しますが、
今回、発生した賠償は2種類あります。

①『佐藤さん妻への治療費賠償』

以前ブログにも書いた「日常生活賠償補償」を付帯していれば
もちろん対象となります。

これは一昨年の事故なので、この治療費賠償については、
おそらくは既に両者間で示談が済んでいると思います。


②『マンション管理会社への賠償』

●1審判決の賠償額385万円

マンション管理会社が事故を理由に
退居した佐藤さんから受け取るはずだった
賃料2カ月分の解約違約金と弁護士費用

●控訴審判決の賠償額1725万円

「室内で飼える小動物以外の飼育を禁止」の規則違反で
賃料9カ月分と弁護士費用

これらは、
「日常生活賠償補償」の対象とはなりません。


理由としては、
①は、
「犬が他人の(=佐藤さん妻)の身体(足)に
 直接的な損害(=ケガ)を 与えた」
ので対象となるのに対し、

②は、
「犬が他人(=管理会社)の財物(=マンション)に
 直接的な損害(=破損・汚損等)を 与えているわけではない」
からです。


このように、
全ての賠償が対象となるわけではないとは言え、
「日常生活賠償補償」ナシでは、
日々の生活がリスキーすぎると私は思っています。

1,500円/年くらいの掛け金で
同居家族全員・無制限補償・示談サービス付、
という保険会社も多いです。

今一度、この補償を持っているかどうか
ご確認下さいね。